ヘッダー画像・ロジカルクリエイティビティヘッダータイトル・レクチャートピックス
 

ホーム
  
■チラシは今でも販促のスター・前篇■



この間、チラシの作り方がよくわからないという人が相談に来たのですが、

やはり自己流でなんとなく作ることに不安があるとのことでした。

そこで、チラシについて書いてみたいと思います。

まず、チラシ作成の基本的な留意点を挙げておきます。

◆『自店の名前・電話番号・ファックス番号を大きく載せる』

◆『自店の場所を一目瞭然にする』

◆『キャッチコピーを大きく載せる』

◆『一目で売りポイントやサービス内容がわかるようにする』

◆『できるだけ写真・イラストを多用する』

※目立たせたい名前や電話番号などは、罫線で囲みます。

 または、シャドウーや囲み文字(文字を他の色で縁取りをする)を用いる。

※『黒バック・白抜き文字』などを用います。

※円や楕円の中に入れてアピールします。

 このとき、たとえばキャッチコピーは円や楕円から大幅にはみ出てもかまいません。

 逆に、かえってそのほうが目立つくらいです。

※推奨商品は枠の中の写真掲載という形が、突出感が出て目立ちます。

 ですが、この場合は一点では推奨品が少ないと思われますので、なるべく数点をまとめましょう。

そして最後に、このほかにも大事なことがあって、

それは、

『集客ポイント』

ということになります。

ですので、ここからは『集客ポイント』について書いてみたいと思います。

チラシをまくのは、集客するためですが、そのチラシ集客で一番大事なのは、

誰に何を訴えるかということです。


ですから、まずはターゲットをはっきり定める必要があります。

実際、これが決まらなくては集客プランはなりたちません。

自店の商品を買ってくれそうな人、あなたの料理を好きになってくれそうな人、

そういうターゲットをできるだけ細かく絞り込むと、チラシ作りの方向性がはっきりと見えてきます。

そして、ここからが肝心要なのですが、その話は後篇でしたいと思います。



















google55f2a77a31884f0a.html へのリンク