花の写真コアラの写真

  コンセプト   販  促    企  画   コピー
  ライティング
 
   マーケティング
  心理学


ホームボタン


■アクションステップの解説■
戦略のための実践施術&ツール



T.分析 
 SWOT分析  

現状を『強み』『弱み』『機会』『脅威』という4側面から捉えていく分析法。
簡便で使いやすく、応用範囲も広い、非常に優れた分析法である。

※『機会』とは、社会的な風潮や状況における自社の強みや好機のことを示す。

 『脅威』とは、社会的な風潮や状況における自社の弱みや劣勢トレンドのことを示す。

 3C分析

『自社』『競合』『市場』の3側面から現状を把握する分析法。自社のポジションを知り、

戦略立案へのアプローチを探るのに優れた分析ツールである。

※個人の場合は『パーソナル』『プライベート』『パブリック』という3側面からの分析法を行う。

 4P分析  
『商品(プロダクト)』『チャネル(プレイス)』『価格(プライス)』

『企画力(プロモーション)』の4側面からマーケティング分析を行うツールである。
 ロジック・ツリー
 今起きている問題の因果関係を探り出し、その原因に対する打ち手(アクション)を策定していく

使い勝手に優れた分析&マーケティングツールである。


U.対応策検討 
 細分化
問題解決に向けて、今ある問題を細かい段階に分けた問題として設定し、

その小さな個々の問題解決を優先して実行していくことで、

結果的に現状の問題解決に繋げていく問題解決手法である。
 
 コンセプト&USP策定
同業他社を意識したマーケティングを考えたとき、

自社の差別化としてアピールできるポイント、

併せて評価を得られるポイントでもあるものを策定していくことで、

それが大きな武器となるものである。
 バリューチェーン
お客様から見た価値や利便性の流れを、

仕入れから始まって製品完成までの各段階ごとに表していくフロー。

このフローを明らかにすることで、全体最適化にむけての改善点が浮き上がってくる。  
 コア・コンピタンス比較表
コア・コンピタンスとは『競争力の源泉スキル(商品)』

というほどの意味で、お客から選ばれる理由とでも思ってもらえばいいものである。

それは、どんな企業にもあり、それを中心に戦略を立てていく。

比較表とは、そのコア・コンピタンスを策定するために、

それぞれの候補スキルの各要素を比較して優劣を決めるためのツールである。
 ポジショニング
 USPやコア・コンピタンスを策定し、

市場や業種・業態の中での立ち位置を定めていく。

それによって、次なる戦略やアクションの策定が格段にしやすくなる。


V.アクション策定 
 全体最適化


20世紀の企業アクションは、問題が発生した場合それに直接対処する手法をとってきたが、

それは個々の部分や分野での問題解決最適化であった。

だがその手法には限界があったため、現在は、個々の部分での問題解決をはかりながら、全体として

も最適なアプローチであるという手法を選び実践していくというマーケティング概念である。

効果マトリックス 
問題解決のためのアクション(打ち手・施術)を即効性や効果率などを判断要素として、

比較するツール。目的は、どのアクションを優先すべきかを策定することである。
 
ブランディング 
簡潔に言えばファン作りのシステム化ということである。

だが本質は、お客との信頼関係をどのように築いていくのかというシステム提案である。





 google55f2a77a31884f0a.html へのリンク



グレーの壁紙イメージ

1

1