3ポイントを押さえれば
“ヒット企画”
が今日からあなたのもの!





最初は真似するだけの
“3ステップ!”
でOK


そうすれば、
ヒット企画作りスキル
が身に付きます



青い横帯


企画力を伸ばせば
“考える力”“発想する力”“解決する力”
がアップする!



企画を制する者が、売上を制す!



企画脳を鍛えなおせ
三角やじるし
柔軟な思考力が身に付く
問題解決力が身に付く
マーケティング総合力が     UPする



青い横帯


企画シロウトプロ並に育てます!


基本は
“かんたん3ステップ作成!”
真似から入って、プロ並みスキルを身に付ける!


ターゲット設定
下向き矢印
ターゲットニーズ策定
下向き矢印
対応アクション策定
 

1ターゲット設定
●自社商品を買ってくれる詳細ターゲットを設定できれば、
ピンポイントの企画を立案できる。

2ターゲットニーズ策定
●詳細ターゲットを設定することで、
ターゲットの状況&心理から的確なニーズを設定できる。

3対応アクション策定

●自社商品を買ってもらうために必要なアクションとしての
明確な企画を適時に提案できる


青い横帯

企画脳を鍛えなおせば、こうなる!

①柔軟な思考力が身に付く
●企画立案のためには、手元に集まったファクターを元に、
さまざまな可能性を探り、多方面からのアプローチで発想を膨らませます。
その結果、柔軟な発想力が身に付くようになります。


②問題解決力が身に付く
●企画とは、直接ユーザー(お客)にアプローチするアクションです。
それは、課題としている問題(販売高UP,自社イメージUP等)
を解決するために実施されるアクションということです。
ですから、“企画立案=問題解決”ということになるのです。。


③マーケティング総合力がUPする
●企画は、直接ユーザー(お客)にアプローチするアクションということで、
マーケティングにおける形式上の最終目的となります。
要は、マーケティングとは企画立案のために行われるということ。
ですから、企画力が上がれば、
それだけマーケティング総合力もUPすることになるのです。、

下向き矢印
     

本編でこう学ぶ

①柔軟な思考力が身に付く
【基礎編】で企画を考えるための前提と理論を学ぶ
【実践編】で、5大イベントを例にして、実際の企画立案の流れを学ぶ
※5大イベントとは、『バレンタインデー』『ホワイトデー』『父の日』
『クリスマス』『ゴールデンウィーク』のことです

②問題解決力が身に付く
5大イベントの企画立案に加え、
六章『あやかり商法』七章『普段着催事』付録『販促実践企画』
の各企画立案の実践を学ぶことで、
さまざまな場面での問題解決策としての企画立案を学ぶ


③マーケティング総合力がUPする
各イベントの企画を立案する流れを学ぶことで、
『コンセプト策定』⇒『ターゲティング』⇒『アクション策定』
という、総合的なマーケティングの流れを、
多彩な場面を例にしながら学ぶ

※本サイトの後半で実際のテキスト記事を掲載しています。
参考になると思いますので、是非ご覧になってください。

 


青い横帯
だから
下向き矢印


 【5大催事例をまねてヒットを狙う!】
 
 2 【企画作りのプロ級プランナーを目指す!】
 
 3  【膨らむ発想力でドシドシ企画を立案!】
 
 4 【マーケティングスキルもグーンとアップ!】
 
 5【企画コンサルタントとして独立!】


を実現できます!

下向き矢印

他にもこんなにお得!

企画術を身に付ければ
良い副産物がたくさん身に付きます!
 

企画術を身に付ければこうなる
 
      1マーケティング&販促スキルがアップする
  青丸常に新しい物事、新しい発想などを考えているために、発想力&創造力がアップします
 
     2売上UP‘のヒントが目に飛び込んでくるようになる 
 青丸企画を自分で考えるようになると、日ごろから企画ネタを探してアンテナが敏感になります 
 
     3競合他社や自社マーケットの知識が豊富になる
  青丸競合の企画が気になりだして、常に他店やマーケット全体の動向を意識するようになります
 
    4『今、お客がほしがっているのは何なのか』そんなニーズが鮮明に見えてくる
  青丸常に企画のことが頭にあるため、ヒットの材料であるお客様ニーズに敏感に反応します

     5マーケティング&販促スキルがアップする
  青丸常にお客様ニーズを意識し売上アップを考えるため、マーケティングスキルがアップします

     6企画だけでなく、どんなマーケティング問題にも解決策を見つけることができるようになる
  青丸企画作成とは考える技術を身に付けるということ、そのスキルを磨くことで、
  どんな問題にも答えが出せるようになります

 
 


青い横帯


企画力をアップさせることは、すなわち売上力をアップさせること。
企画とは、マーケティングの目的でもある売るためのアクション提案。
ですから、当然マーケティング力も高まります。
     
  【狙 い】   


本PDFは、元企画プランナーが、ヒット企画の作り方を解説したもので、
一番の狙いは、ヒット企画の考え出し方を身に付けてもらうことにあります。
それは同時に、スキルアップした『柔軟な思考力』『問題解決力』
『マーケティング総合力』を身に付けるということです。


 
     
  【内 容】
本編は
224頁
内容
215頁
【基礎編】
【実践編】
から
なっています

 


【基礎編】企画を立案する思考法について解説しています。言い換えれば、
     企画立案の発想術であり企画モデルの考え方ということです。

【実践編】いくつもの例を用いながら実際に企画を立案するプロ手法を再現
     しながら、学んでもらえるようにしています。
        また、5大イベント(『バレンタインデー』『ホワイトデー』
       『ゴールデンウィーク』『父の日』『クリスマス』)に加え、
     六章『あやかり商法』七章『普段着催事』付録『販促実践企画』
     などの数多くの例示を用いながら、さまざまな手法で企画立案に
     アプローチできるように工夫を施しています。
       もちろん、各企画例を自店企画としてそのまま取り入れることも可能です。

 

 
     
 

【成 果】

 
 


●プロのやり方をPDF上で追体験してもらうことで、ひとりひとりがプロ仕様
 を習得できます。

●各企画例を自店企画としてそのまま取り入れることができます。

●これまで以上の『柔軟な思考力』『問題解決力』『マーケティング総合力』が身に付きます。

『柔軟な思考力』:多方面からアプローチし発想を膨らませることができるように
         なることで、柔軟な発想力が身に付きます。

『問題解決力』:企画とは、課題としている問題(販売高UP、自社イメージUP等)
        を解決するためのアクションであるため、
        『企画立案=“問題解決力UP”』という結果をもたらします。

『マーケティング総合力』:企画を『課題解決アクション』ととらえるならば、
        企画立案はマーケティングにおける形式上の最終目的ということです。
        ですから、企画力が上がれば、
        おのずとマーケティング総合力もUPします。

 

 
     


青い横帯




儲けの思考術!“企画脳の作り方”
【PDF:内容頁215】
本レポートの一番の目的は、
『誰でも、正しい進め方でヒット企画が作れるようになる』
です。

そのために、
『企画を作ったことがない』
または

『企画作りが苦手』

という人を想定して、そのような人が効率的に企画作りに取り組めるように、
大きな視野を解説した【基礎編】と実践対応に徹底した【実践編】とで
企画作りが身に付けられるようにしました。

とくに、【実践編】では企画作りの
『考え方』『手順』『思考ポイント』に重点をおき、
その中でも『考え方の手順』を何度も何度も解説しています。

これは、企画立案のシステム思考を身に付けてもらうためです。
これさえ習得できれば、後はバリエーションを考えるだけで、
ほとんどの企画作りに対応することができます。

また、【実践編】では企画作成例題として
『バレンタインデー企画』『ホイトデー企画』『父の日企画』『クリスマス企画』
『ゴールデンウィーク企画』『あやかり商法企画』『普段着企画』

を取り上げています。

その理由は、それぞれの企画に流用出来ることはもちろんですが、
7種類の異なる企画作成アプローチをそれぞれの企画の中で解説するためです。

たとえば、王道の『ターゲットニーズ』からのアプローチ、逆視点からのアプローチなど、
多角的な作成視点の習得がかなえられるようにしています。

さらに、それらを自社・自店の企画立案に活かせるように、
ポイントアドバイスも付けましたので、
そのポイントを意識しながら、
ぜひ
『ヒット企画』
を作ってもらいたいと願っています。


【実践編】では7種類の催事&企画を例にしながら、
実際に企画を作る現場の進行を覚えてもらいます。
もちろん、テキストを真似て自店催事に流用することでヒットも期待できます。

※例題企画はすべて店舗催事を取り上げています

青い横帯


【企画立案の3つの基本心得】
   
  (その1)
【一歩引いて考えろ!】

企画を作る際に、気をつけてほしいことがあります。

通常、企画を考えるとなると、
つい
『良いアイディアを求める』
ということに走りがちです。

ですが、ヒット企画を狙うのなら、
『良いアイディア』
よりも
『参加しやすいアイディア』
を考えていくことです。
それが、ヒット企画の最初の入り口です。 


 
     
  (その2)
【システマティックを持ち込め!】

『良い企画』『ヒットする企画』を考えようとすると、
どうしても『閃き』だとか、『他にはないアイディア』
というものを求めがちになります。

ですが、
成功する企画を作る一番確かな方法は
【企画作りに論理を持ち込む】
ことです。

【企画作りに手順を持ち込む】
【企画作りにシステマティックを持ち込む】
そこにこそ、確かなヒット作りが隠されています。

 
     
  (その3)
【シンプルを目指せ!】

イベント等の企画は“わかりやすさ”を基本と
しなければなりません。
お客様参加イベントでは、進行に関して
一度で説明してわからないようなものは
参加者を集めることはできません。
お客様は自社&イベント関係者とは違い、
決してイベントに対して
【積極的】でも【協力的】でもないと
理解しなければなりません。

【お客様は手間いらずのイベントを求めている】
そのことを常に念頭に入れておくことです。

 
     




【企画立案の基本的な考え方】
【企画立案の軸を設定せよ】
企画を考える場合には、一つの基準を定めて、
そこからスタートして考えていくようにします。
ここでいう基準とは、企画立案における『基本作業』といってもいいようなものです。
それだけに、この基本作業はどのような企画立案においても応用できるものです。
『基本作業』として最初にやるべきことは、


『軸』
を設定することです。
通常、企画を考える場合、

『人(お客様)』
『商品』
『売り方』


を軸にしながら考えていきます。
この三つの視点からスタートすることで、
無理なく段階的に企画を考えることができるようになります。

これは、
『人(お客様)』の特性からスタートして企画を考えていく。
『商品』の特性からスタートして企画を考えていく。
『売り方』の特性からスタートして企画を考えていく。

というものです。
この中でも、一番ポピュラーで基本となるのが

『人』
を軸として考えていくやり方です。
要するに、
『人(お客様)』 = 『ターゲット』
という軸ですので、
『だれに何を売るのか』という視点からスタートする、
もっとも一般的な進め方になります。


青い横帯

だから
下向き矢印

【自由自在に企画を作れるようになりたい!】
『その声にお応えします』

     
   
基本は

“かんたん3ステップ作成!”
真似から入って、プロ並みスキルを身に付ける!


ターゲット設定

ターゲットニーズ策定

対応アクション策定

 
     

まずはコンテンツ、そして基本の企画作り記事をご覧ください
(例題:バレンタインデー企画)

PDF目次の中の『【実践編】第一章(2)』の最初の6項を以下に掲載しておきました。
これだけでも、企画作成の簡易工程を見ることができると思います。
よかったら、内容確認もかねてご覧になってみてください。



基本の基本、基礎である3ステップ(工程)を把握せよ

         
  (2)基本思考&作業をマスターせよ!

  ここまでで、企画立案は

  『人(お客様)』『商品』『売り方』

  を軸にして考えていく、

  と話してきました。

  そして、この3つの軸の中から、

  今回は

  基本である

  『人(お客様)』

  を軸とした企画立案を見ていきます。

  それに際して、ここでは進行を分かりやすくするために

  『バレンタインデー企画』

  を例として取り上げてみます。

  では、まず基本的な考え方を示します。

  ここでは、『人(お客様)』を軸にした企画立案を考えていきますので、

  次のような考え方を基本とします。

  【工程手順】

  工程手順図


  (1)最初の思考作業として、メインターゲット層を選定します。

  (2)次に、企画内容&商品特性によってさらにターゲティングを進めて

       いくと、メインターゲット層は複数のターゲットに細分化されます。

   (3)さらに、この複数のターゲットA・B・Cそれぞれに対して、

      『どのような対応アクションを施していけばよいのか』

     ということを考えていきます。

  基本的には、これだけです。

  難しいことはありません。

  ただただ、この3つの工程を考えていけばよいだけです。

  では、実際の作業工程を見てみましょう。


青い横帯

バレンタインデー企画を例にしてフォーマットにあてはめる


  ■ヒットの基本で考える『バレンタイデー企画!

  それでは、ここでバレンタイデーを例にした、

  実際の企画の考え方を見ていきたいと思います。

  ただし、内容をわかりやすくするために、

  対象例を飲食店として進めさせてもらいます。

  まずは、企画立案の軸に、

  一番ポピュラーな

  『人』=『お客様』

  を据えて考えていきます。

  その基本的な形が以下になります

  Ⅰ『ターゲット設定』⇒Ⅱ『ターゲットニーズ設定』⇒Ⅲ『対応アクション』

  【展開フロー】


       Ⅰ【ターゲット設定】

   この企画をアピールすべき相手を決める

                


     Ⅱ【ターゲットニーズ設定】

  アピールすべき相手のニーズを想定していく

                


       Ⅲ【対応アクション】

    ターゲットのニーズを満たして、
 
  購買に繋がるようなアクションを策定していく



  では、上記の形に当てはめる実践に入ります。


青い横帯

ファーストステップは『ターゲット設定』を決める!


  ■ターゲット設定

  まず、ターゲット(集客対象お客様)を設定していきます。

  バレンタンデー企画のターゲットとなるのは、

  どのようなお客様でしょう。

  これは、愛情を相手に示したい人とその相手です。

  端的に言えば、

  『カップル』

  です。

  この『カップル』というターゲットにも、

  『恋人同士』『恋人未満』『既婚』

  といろいろあります。

  この3種類のターゲットは、前述の手順工程の中で説明した、

  『ターゲット』⇒『ターゲットA』 = 『恋人同士』

               『ターゲットB』 = 『恋人未満』

               『ターゲットC』 = 『既婚』

  に当たります。

  このように、一つのターゲットをさらに細分化していくと、

  より明確なターゲットに絞り込まれ、企画を考えやすくなります

  そして、

  この3種類のターゲットの中から、


  ここでは『恋人同士』をターゲットに設定しておきます。

  その理由は、このターゲットが最大公約数の属性だと思えるからです。

  ※実際の企画立案ではカップル=『恋人同士』以外の『恋人未満』『既婚』をターゲットと

 した場合の企画をも考えていきますので、その2つのターゲットに関しては後で見ていきます。


 ここでのポイントです


ターゲットを細分化して、

ピンポイントのターゲット設定をしていく




細分化は、企画立案のあらゆるところで求められる

  細分化の繰り返しが、よい企画を練り上げるポイントとなる


青い横帯

基本3ステップの再確認


  ■ターゲットニーズ

  前項でターゲットが決まりましたので、

  それを受けて、次にカップルのニーズを考えていきます

  (このニーズこそが、ほぼコンセプトとなります)。

  この段階は、

  『細かなターゲットを設定し、さらには対応アクションへのヒントを考える』

  ということになります。

  【展開フロー】


  Ⅰ【ターゲット設定】:カップル(恋人同士)

                


   Ⅱ【ターゲットニーズ設定】

                


       Ⅲ【対応アクション】


青い横帯

セカンドステップで『ターゲットニーズ』を見極める!


  ■【カップルニーズ】はどこにある?

  ラブラブなカップルの二人は

  『思い出に残る楽しい夜を過ごしたい』

  わけです。

  ですから、

  『ふたりで楽しい』

  こそが、カップルのニーズということになります、

  そうなると、

  次に『ふたりで楽しい』ニーズのファクター(要素)を考えていけばよいということに

  なります。

  では、見てみましょう。

  ※このニーズファクターは、『ふたりで楽しい』の細分化でもあります

  『ふたりで楽しい』

      ⇓

  1)美味しい体験

  2)楽しい体感

  3)記念になる

    ↓

  【展開フロー】


 Ⅰ【ターゲット設定】:カップル(恋人同士)

                


 Ⅱ【ターゲットニーズ設定】:ふたりで楽しい

       ●美味しい体験

        ●楽しい体験

        ●記念になる

                


       Ⅲ【対応アクション】


青い横帯

サードステップで『対応アクション』を策定せよ(前編)!


  次に繋がる企画を模索せよ

  前項では、

  『ふたりで楽しい』ニーズのファクター(要素)として

  1)美味しい体験

  2)楽しい体感

  3)記念になる

  を挙げましたが、今回はその続きとして、

  この3項目それぞれについての基本を見ていきます。


  1)美味しい体験

  『美味しい体験』をお客様に提供するためには、

  次のようなことに気を配りながら、

  自店らしさを演出していきます。


   ●美味しい料理

   ●驚きのある料理

     ↓


  『食材』『盛り付け』『給仕の仕方』で演出する


  ●『食材』

  希少な食材:ある町でしか採れない、短い季節限定の食材など

  エピソードのある食材:元来日本にはない食材だったとか、育てるのにとても

                  手間のかかる野菜だとか

  思ってもいなかった食材:よく知られている食材だけど、ここで使われているとは

    思わなかったという食材



  ●『盛り付け』

  美しい盛り付け:彩りなど美味しそうに見た目を整えたもの

  デザイン風盛り付け:カラーリングに特徴を持たせたり、具材の大きさに差を持たせるなど、

            全体的に造形を意識させた盛り付け

  テーマのある盛り付け:メッセージを添えるなど、その日のテーマにあわせた盛り付け


  ●『給仕の仕方』

  映画のシーンにあるような、ボールでふたをしたものをワゴンで運んでいく。

  チョコレートなどでネームプレートやメッセージプレートを作っておく


青い横帯

サードステップで『対応アクション』を策定せよ(後編)!


  2)楽しい体感

  『楽しい体験』をお客様に提供するための、

  基本的な企画は以下のようになりますので、

  自店でできるものを提案していってください。


   ●ふたりだけのゲーム

   ●店全体のゲーム

    ※ゲームに関してはさまざま考えられますので、それぞれのケースで

     解説します。



  3)記念になる

  『記念になる』ものというと、

  感動的なイベントなどもありますが、

  手軽に実施できるという点を考慮して、

  ここではプレゼントについて言及しておきます。


  ●プレゼント

   ※『来年に続く』→『常連になる』

    ようなものを工夫して選ぶ。

    たとえば、記念撮影をして写真をプレゼントするなどもそうですし、

     ラベルのないワインに、

     二人でメッセージを書いたオリジナルラベルを貼り

    プレゼント(あるいは本人に販売)するなどです。

    また、このオリジナルラベルのワインをキープして、

    来年二人に飲んでもらうという企画なら、

    来年のバレンタンデーの予約をとることも可能となります。

    さらに、その前に

    『翌月のホワイトデーで飲んでもらう』

    という企画でもOKですが、

     基本的には来年のバレンタインデーに飲んでもらうとして、

    『それとは別に、ホワイトデーで飲んでもらう企画もあります』

    と言う具合に提案するのが望ましいでしょう。

     基本的には以上となります。

     これに、

     自店の特長を盛り込みながら、自店らしい演出を考えていってください。

     そして、次項でもこの続きを話したいと思います。


 

青い横帯

【展開フロー】で基本3ステップ手法を把握せよ!


  【展開フロー】


 Ⅰ【ターゲット設定】:カップル(恋人同士)

                


Ⅱ【ターゲットニーズ設定】:ふたりで楽しい

       ●美味しい体験

        ●楽しい体験

        ●記念になる

                


 Ⅲ-a【対応アクション】:美味しい体験

       ●美味しい料理

       ●驚きのある料理

                


 Ⅲ-b【対応アクション】:楽しい体験

       ●ふたりだけのゲーム

       ●店全体のゲーム

                


 Ⅲ-c【対応アクション】:記念になる

       ●プレゼント

       ●イベント


  これが、企画立案の基本的な形です。

  あとは、これを必要に応じて繰り返すということが行われます。

  たとえば、

  上記の場合であれば、

  Ⅰ【ターゲット設定】:カップル(恋人同士)』

          ⇓

  Ⅰ【ターゲット設定】:カップル(恋人未満)』

          &

  Ⅰ【ターゲット設定】:カップル(既婚)』


  上記の中から

  『恋人同士のカップル』 ⇒ 『恋人未満のカップル』

  にターゲットを変更して、後は同様の手順で進めていく、

  と言う具合で、このケースは実際に次項で見てみたいと思います。

  また、この他には、

  『Ⅱ【ターゲットニーズ設定】:ふたりで楽しい』

        ⇓

  『Ⅱ【ターゲットニーズ設定】:とにかく女性を喜ばせる』

  『Ⅱ【ターゲットニーズ設定】:男性が自分の価値をアピールする』

  『ふたりで楽しい』 ⇒ 『とにかく女性を喜ばせる』

  『ふたりで楽しい』 ⇒ 『男性が自分の価値をアピールする』

  このようにニーズ設定を増やして、そのニーズに対しても同様の手順で進めていく。

  同様に対応アクッションも、増えたニーズ設定に対応するものをさらに策定していきます。

  このように、

  基本手順を必要に応じて増やすなどして繰り返し展開していきます。

  そうすれば、おのずと企画の全体像が出来上がっていきます。

  それでは、ターゲットである『カップル(恋人同士)』のバリエーションである

  『カップル(恋人未満)』について

  次項で見ていきます。


上記記事は、下記テキストの【実践編】第一章P43~55を掲載したものです




発売キャンペーン価格(6月30日まで)4,800円

 名称  内容頁 価格
儲けの思考術!“企画脳の作り方”  215  4,800円 
 ※【メモリの容量】:
※ウィンドウズ・ワード2007にて作成、ウィンドウズXP&VISTA&7&8.1に対応
 


※商品の性質上、データが壊れている等の商品に欠陥がある場合を除き
返品、返金はお受けできませんので、あらかじめご了承いただきたいと存じます。
※PDFを正常にダウンロード出来なかった場合は、再ダウンロードして下さい。
 それでも正常にダウンロード出来なかった場合は、
 メールにて直接ファイルを送付いたしますので、
 その旨問い合わせページからご連絡いただきますようお願い申し上げます。


ダウンロード不備などがあれば、こちらからお問い合せください
問い合わせボタン
※現在問い合わせフォームが機能していません。
※直接下記あてに、メールにてのお問い合わください
nnn@ssjun.com


 

【商品のダウンロードに関して】
当商品はダウンロード教材です。クレジットカードでお申し込みの場合、決済完了後、
すぐにインフォトップの購入者マイページよりダウンロードできるようになります。
銀行振り込み、コンビニ決済などその他決済方法の場合、
お申込後にインフォトップより決済に関するお知らせメールが届きます。
そのメールに従い、14日以内にご入金ください。
インフォトップでの入金確認後、ダウンロード可能となります。
 





ご購入はこちら


電話注文はこちら



ダウンロード不備などがあれば、こちらからお問い合せください
問い合わせボタン
※現在問い合わせフォームが機能していません。
※直接下記あてに、メールにてのお問い合わください
nnn@ssjun.com



青い横帯




 

目 次

はじめに8


【基礎編】
第一章 企画発想脳
【大きくて広い視点を持て!】9
■『企画の王道』は、まねから入る!
■ウェブも真似る!12

■企画が湧いてくる簡単発想術!15
■NM法の複数ワード展開!19

■企画脳を鍛え上げろ!22
■どうせ考えるなら
『何でもありでいこう!』
24
■『高く・広く・長く』考えよう!27
■マーケットを広く捉え直していく!29
■未来から今を見据えよう!31

【実践編】
■第一章 企画の基本は『人』『商品』
『売り方』視点
【企画必勝メソッド!
『ターゲットニーズ』から攻めろ】
35
(1)企画に『軸』思考を持ち込め!35
■『人(お客様)』を軸にした企画立案38
■商品を軸にした企画立案40
■『商品』を軸にした企画立案の手順工程40
(2)基本思考&作業をマスターせよ!43
■ヒットの基本で考える
 『
バレンタイデー企画!45
■ターゲット設定46
■ターゲットニーズ48
■【カップルニーズ】はどこにある?48
次に繋がる企画を模索せよ50
(3)ターゲットバリエーションⅠ56
(4)ターゲットバリエーションⅡ59
■若いママのニーズ60
(5)企画に販促的配慮を施せ63
■お子さんをくすぐれ63
まとめ68

■第二章 ホワイトデー企画

【参加しない理由をなくせ!】70
(1)ネガティブから発想してみろ!70
(2)お客様の心理的ハードルを意識せよ!72
(3)チョコを贈りたがる
 『ターゲッティング』
73
(4)儲けの広がる
 『ホワイトデー企画』を考えろ!
76
(5)ホワイトデー企画・立案への第一歩78
■ケーキ屋さんのホワイトデー企画78
■ターゲットアピール83
(6)お客の第2アクションをつかめ!85
■レビューに誘われて入店したその後!86
(7)お客のアクションをコントロールせよ!90

(8)小売店企画番外編96
■人の心に伝える秘訣とは!96
■『商品』を軸とした企画立案工程例98
(9)ホワイトデー企画・売上UP飲食店!100
■主役は○○を欲しがってる?100
10)『ホワイトデー企画』の販促思考105
■ホワイトデー企画で新規客をがっちり!105
■ホワイトデーは洋食系飲食店の独壇場だと
 思っていませんか!
107
■ワクワク感がリピート率を高める!109
まとめ111




■第三章 父の日企画
【細かくし、細かくし、さらに細かくせよ!】113

(1) 父の日企画を考える!113
(2)『父の日セール』基本企画 115
(3)シーンを描いて発想せよ119
(4)比較視点のシーン販促123
■工夫しだいの集客術!127
(5)お客の心をつかむ【抽選方法】132
(6)その他のシーン販促135
■心を形にして贈る135
(7)ビッグスケールを考えろ!137
(8)将来を見据えた販促企画139
どうせなら、明日につなげよう139
■知っておきたい、
 企画における一番大事なこと
142
まとめ 143

■第四章 販促重視の『クリスマス企画』
【『驚き』から発想せよ!】
146
(1)驚きを企画する飲食店クリスマス146
(2)続・飲食店クリスマス企画!149
(3)小売店のクリスマス企画!152
小売店のクリスマス企画・後篇154
(4)飲食店企画を補足する!158
まとめ 161

■第五章 ゴールデンウィーク企画

【おこぼれターゲットを取りこぼすな!】162
(1)おこぼれ企画を意識せよ!162
(2)ターゲット(1)の
 ゴールデンウィーク企画
167

(3)ターゲット(2)の
 ゴールデンウィーク企画
171
アピール次第で集客は決まる!174
まとめ 176

■第六章 あやかり商法でがっちり!
【利用できるのなら、なんにでも乗っかれ!】179
■あやかり商品の作り方アプローチ183
あやかりうんちくでヒットを狙え!185
■たとえば、パン屋さんだったら 187
■こじつけのツボ!『手が早いのは女性?』191
■あやかり○○で恩恵を得よ!192
まとめ 195

■第七章 普段着催事で勝つ!
【使えるものは、親でも子でも使え!
197
■売上が落ちてきたら催事で勝て197
■6大催事で上昇カーブを描け200
■自分を祝って、勝つ202
まとめ 205

■付録 販促実践企画

■楽々集客術!『お客様リストを集めよう』206
【その1】【その2】【その3】
【その4】【その5】ポイント
210
■20・30代客を狙った集客プランとは!211
■勝組の常識『成功企画の秘訣!』213
ポイント 215
■3回来店でお客を固定客化させる 217
ポイント 222

おわりに 224



 

企画初心者をセミプロに変身させます
どうぞ、ご覧になってください

 
                    【基礎編】
 企画を考えるときの留意点やヒントなど、『考える姿勢』を中心に解説しました。
 ただし、ここに書いてあることが『大ヒット企画』のヒントとなる、またはそのため
 の鍛錬となる内容となっています。




                     
【実践編】
 それこそ全編において実践対応を重視した内容で構成しました。ですから、
 実際の催事を例にとって企画が作られ、練られていく進行具合をつぶさに見てもらう
 ことを第一の狙いとした構成になっています。
 もちろん、読み進めるに従って、企画立案力が養われるようになっています。
 以下に【実践編】1~7章を内容を解説します。



                  【実践編 第一章】
 この第一章では、企画立案工程の要である3ステップをしっかりと身に付けて
 もらいます。
 そのために『ターゲットニーズ』から企画を考えていくという、企画作成の王道手法
 を解説していきます。
 この手法が基本であり、すべての企画はこの手法にのっとって立案していくことが
 可能です。ですから、『考え方』や『工程手順』を詳しく丁寧に進めていく内容に
 なっています。
 まずは、ここでの内容がスタートであり全てだと思って取り組んでもらいたい章です。



                  【実践編 第二章】
 第一章の『ターゲットニーズ』は、企画作成における正攻法の王道手法です。
 まず、この『ターゲットニーズ』で企画作成のすべてに対応させてることできます。
 要はどんな企画も立案できるということです。
 ですが、この正攻法とは違った企画立案のアプローチもあります。
 それはどちらかといえば企画作成においては消極的に映るかもしれない視点ですが、
 これは『ターゲットニーズ』の考え方に匹敵するほど重要な考え方で、
 いわば企画作りの双肩であるといってもいいほどのものです。
 その考え方(アプローチ)とは、『お客様が企画に参加しない理由をなくしていく』
 という視点に立って企画作成を行っていくという手法です。
 この作成法は地味ですが、効果が表れるのが早い上に手軽に実施できる、
 非常に実用的な手法です。



                      【実践編 第三章】
 ここでは『父の日企画』を例にとりながら、より実践的な作成手法を学んでいきます。
 これまでの章では、考え方(視点)を軸にしながら企画作成&販促手法を解説して
 いくという、考え方を主役とした内容でしたが、ここは実際の販促手法を企画に
 反映させる作成法を見ていきます。
 ですから、実践編の中でもより実践的な章となります。



                  【実践編 第四章】
 この章では『販促』をより意識した企画作成法を見ていきます。
 例として『クリスマス企画』を取り上げ、『売上UP』はもちろん『新規客獲得』など
 、明日につながる販促志向の企画立案を解説していきます。
 そして、そのために欠かせないことを学んでもらいます。
 



                      【実践編 第五章】
 この章では『これまでとはまったく違った考え方』を学んでもらいます。
 それは『通常意識しない企画』または『通常では発想しづらい企画』というものです。
 その意味するところは、このような『通常発想しづらい』ものを何度もやっていくと、
 これまでには想いも寄らなかった発想が自分の中から湧いてくるようになるという
 ことです。そのための練習だと思ってもらいたいのです。
 そして、ここで言うまったく違ったというのは『おこぼれターゲット』を相手にして
 企画を考えるという視点です。



                   【実践編 第六章】
 この第六章では、『あやかり商法』に関する企画の留意点を中心に学んでいきます。
 他人の力を借りて大きな売上UPが狙える企画ですので、機会があればぜひ
 チャレンジしてほしい企画です。
 そのために、基礎的な考え方から販促実践における留意点までを解説しました。




                 
【付録 販促実践企画】
 ここでは、売上UPのために日常よく求められる集客のための簡易企画
 【お客様リストを集める企画】【20代・30代の集客プラン】【3回来店してもら
  う企画】
 の三つの企画のやり方と考え方を解説していきます。
 簡易企画ですので、すぐに簡単に実施できますので、ぜひ実行に移してもらいたいと
 思います。


青い横帯


20年超no大手ピロジェクト100超の提案力を丁寧に解説!
大手プロジェクト600超の実績
250件超のUSP&コンセプト提案
雑誌メディアに2万超の店舗を紹介
基本は』簡単3ステップでプロのプランナーになるプロ級マーケティングスキルがしぜんと身に付く!




発売キャンペーン価格(6月30日まで)4,800円

 名称  内容頁 価格
儲けの思考術!“企画脳の作り方”  215  4,800円 
 ※【メモリの容量】:
※ウィンドウズ・ワード2007にて作成、ウィンドウズXP&VISTA&7&8.1に対応
 


※商品の性質上、データが壊れている等の商品に欠陥がある場合を除き
返品、返金はお受けできませんので、あらかじめご了承いただきたいと存じます。
※PDFを正常にダウンロード出来なかった場合は、再ダウンロードして下さい。
 それでも正常にダウンロード出来なかった場合は、
 メールにて直接ファイルを送付いたしますので、
 その旨問い合わせページからご連絡いただきますようお願い申し上げます。


ダウンロード不備などがあれば、こちらからお問い合せください
問い合わせボタン
※現在問い合わせフォームが機能していません。
※直接下記あてに、メールにてのお問い合わください
nnn@ssjun.com



【商品のダウンロードに関して】
当商品はダウンロード教材です。クレジットカードでお申し込みの場合、決済完了後、
すぐにインフォトップの購入者マイページよりダウンロードできるようになります。
銀行振り込み、コンビニ決済などその他決済方法の場合、
お申込後にインフォトップより決済に関するお知らせメールが届きます。
そのメールに従い、14日以内にご入金ください。
インフォトップでの入金確認後、ダウンロード可能となります。
 





ご購入はこちら


電話注文はこちら



ダウンロード不備などがあれば、こちらからお問い合せください
問い合わせボタン
※現在問い合わせフォームが機能していません。
※直接下記あてに、メールにてのお問い合わください
nnn@ssjun.com



青い横帯

“かんたん
3ステップの企画作成!”

真似から入って、プロ並みスキルを身に付ける!

こんな『欲しい!』なら、お応えできますよ!


 レ点企画をかんたんに作れる方法があれば知りたい』

 レ点オリジナル企画を作れるようになりたい』

 レ点大きな催事に合わせて企画を作ってみたい』

 レ点『時間をかけずに、企画作りをマスターしたい』

 レ点 『企画作りの基本から身に付けたい』

 レ点『本格的に企画作りを勉強してみたい』

 レ点『論理じゃなくて実践的な企画作りを知りたい

 レ点『即実行できる企画作りを知りたい』
 
 レ点『企画作りは苦手だけどあきらめたくない』
 

下向き矢印


 【5大催事例をまねてヒットを狙う!】
 
 2 【企画作りのプロ級プランナーを目指す!】
 
 3  【膨らむ発想力でドシドシ企画を立案!】
 
 4 【マーケティングスキルもグーンとアップ!】
 
 5【企画コンサルタントとして独立!】


だから

下向き矢印

他にもこんなにお得!

企画術を身に付ければ
良い副産物がたくさん身に付きます!
 

企画術を身に付ければこうなる
 
      1マーケティング&販促スキルがアップする
  青丸常に新しい物事、新しい発想などを考えているために、発想力&創造力がアップします
 
     2売上UPのヒントが目に飛び込んでくるようになる 
 青丸企画を自分で考えるようになると、日ごろから企画ネタを探してアンテナが敏感になります 
 
     3競合他社や自社マーケットの知識が豊富になる
  青丸競合の企画が気になりだして、常に他店やマーケット全体の動向を意識するようになります
 
    4『今、お客がほしがっているのは何なのか』そんなニーズが鮮明に見えてくる
  青丸常に企画のことが頭にあるため、ヒットの材料であるお客様ニーズに敏感に反応します
 
     5マーケティング&販促スキルがアップする
  青丸常にお客様ニーズを意識し売上アップを考えるため、マーケティングスキルがアップします
 

   
 6企画だけでなく、どんなマーケティング問題にも解決策を見つけることができるようになる
  青丸企画作成とは考える技術を身に付けるということ、そのスキルを磨くことで、
  どんな問題にも答えが出せるようになります
 
 


    こんなことありませんか!
 
   
A: セールやイベント企画なんかやったことがない! 
Q: 通常、セールやイベントを実施すると、
利益率は下がりますが売上高と新規来店者数は増えます
 
 
A:  小さな店なのでセールやイベント企画をする材料(や名目)がない! 
Q:  視点を換えるとどんな商品でもセールできますし、
お客様が納得するどんなイベントも実施できます
 
 
A:  前にセールをやったけど、あんまり反応がなかった
Q:  通常主な問題は2つ。お客様が参加しづらい問題があったか、
さもなくば宣伝不足が考えられます
 
 
 
A:  催事企画を実施するには、広告費がたくさんかかるんじゃありませんか! 
Q:  チラシは手作りでOK。店頭貼り、ビラまき、ポスティングなど
だけでも効果があります
 
 
A: 催事やセールなんかやらなくても、黒字経営なので必要ない!
Q:  経営が安定している時にこそ、次世代のメイン顧客を育てなければなりません。
催事企画は売上UPはもちろん、新規客の増加にもとても有効な販促手法です。
   





       
もう、こんなことで悩む必要はありません
          企画作りは正しいやり方をマスターすれば
            必ず立案できるようになります。
        もちろん、ヒット企画だってご自分で発想できます。
                   
チェックマーク
企画なんか作ったことがないから、何から手を付けていいかわからない

チェックマーク
企画を考えてみたのだけど、何も浮かんでこなかった!

チェックマーク
企画を考えようとすると、いつも同じことしか浮かんでこない!

チェックマーク
自分は企画とは無縁のタイプの人間だとあきらめている!

チェックマーク
セールチラシを配ってもなかなか集客できない!

チェックマーク
自店のターゲティングがよくわからない!

チェックマーク
企画作りの前に、販促やマーケティングのことがよくわからない!

チェックマーク
企画作りのお手本みたいなものを見たことがない!

チェックマーク
簡単に企画作りができるなんて思ったこともない!



このようなことを感じたことがあったなら、
お役に立てると思いますよ。
私、これまでに100余りの企画を作ってきました。
それも、たった三つのステップに従うだけ。
それだけです。
これなら、あなたにだって攻略できるんじゃありませんか。
要は、『真似るだけ』。
そこからのスタートです!



青い横帯


20年超のコピーライターが、極秘how-toを暴露!大手プロジェクト100超の提案力を丁寧に解説!
大手企業プロジェクト600超の実績
250件超のUSP&コンセプト提案
雑誌メディアに2万超の店舗を紹介
基本は寒ったん3ステップでプロのプランナーになるプロ級マーケティングスキルがしぜんと身に付く




発売キャンペーン価格(6月30日まで)4,800円

 名称  内容頁 価格
儲けの思考術!“企画脳の作り方”  215  4,800円 
 ※【メモリの容量】:1.81 MB (1,899,353 バイト)
※ウィンドウズ・ワード2007にて作成、ウィンドウズXP&VISTA&7&8.1に対応
 


※商品の性質上、データが壊れている等の商品に欠陥がある場合を除き
返品、返金はお受けできませんので、あらかじめご了承いただきたいと存じます。
※PDFを正常にダウンロード出来なかった場合は、再ダウンロードして下さい。
 それでも正常にダウンロード出来なかった場合は、
 メールにて直接ファイルを送付いたしますので、
 その旨問い合わせページからご連絡いただきますようお願い申し上げます。


ダウンロード不備などがあれば、こちらからお問い合せください
問い合わせボタン
※現在問い合わせフォームが機能していません。
※直接下記あてに、メールにてのお問い合わください
nnn@ssjun.com



 

【商品のダウンロードに関して】
当商品はダウンロード教材です。クレジットカードでお申し込みの場合、決済完了後、
すぐにインフォトップの購入者マイページよりダウンロードできるようになります。
銀行振り込み、コンビニ決済などその他決済方法の場合、
お申込後にインフォトップより決済に関するお知らせメールが届きます。
そのメールに従い、14日以内にご入金ください。
インフォトップでの入金確認後、ダウンロード可能となります。
 




ご購入はこちら


電話注文はこちら



ダウンロード不備などがあれば、こちらからお問い合せください
問い合わせボタン
※現在問い合わせフォームが機能していません。
※直接下記あてに、メールにてのお問い合わください
nnn@ssjun.com





ホームページプライバシーポリシー特定商法取引に基づく表記/プロフィール





 

1