【続・手間いらず売上アップ術!『BGM販促』】


 前項ではBGMで手間いらずの販促をするという話をしましたが、
 本項ではその続きを話させてもらいます。

 まずは、心理学実験の話を聞いてください。

 アメリカのバーで、フランスの音楽とドイツの音楽を一日おきに流して、
 ワインの売り上げを調べたところ、
 案の定、フランス音楽を流した日にはフランスワインが多く注文され、
 ドイツ音楽を流した日にはドイツワインが多く注文されたそうです。

 でも、この結果はなんとなくわかりますよね。
 ですが、それが実験で実証されたとなると、
 販促にとっては大きな武器となります。
 このことを利用すると、プッシュしたい商品や料理があれば、
 それをイメージさせるBGMを流すことによって、
 売上アップを促しやすくなるということです。

 たとえば、レストランで、
 フランス料理風の新しいメニューをラインナップしたとします。
 当然、これからプッシュしたいので、
 さりげなく、シャンソンなどフランスの音楽をBGMとして流すようにします。

 そうすると、
 『そのBGMの効果で何かフランス風の料理が食べたくなって、そのプッシ
  ュしたいメニューに多くのオーダーが集まる』
 ということになるわけです。

 ならもう少し欲張って、
 このような場合は、

 『フランスデイ(フェア)』
 などと銘打って、
 少し店内のインテリア演出などにフランス風アクセントを設けるなどをすると、
 さらに確かな効果が得られるようになってきます。

 これは、小売店でも同様です。
 飲食店と同様に、プッシュしたい商品をイメージさせるBGMを流します。
 アウトドア商品ならハイキングや海山で
 楽しく遊んでいるシーンをイメージさせる音楽などですね。

 そしてこのとき、
 そのアウトドア商品の陳列棚回りを目立つようにレイアウトします。
 または、一時的にアウトドアのミニコーナーを設けて、
 フェアと称しながらそんなBGMを流すほうがより確実に売上を促すことができます。

 そして、これらの対応で効果が確認できたなら、
 定期的にこのようなミニコーナーを設置したフェアを開催してきます。

 フェアの理由なら何とでもつけられます。
 ミニフェアなら、
 理由は、それこそ

 『そんな気分なんです!』
 でもちっともかまいません。

 たとえば、

 『夏だからアウトドアフェア』

 『秋にはロマンチックなアウトドアを目指せフェア』

 『冬には冬のアウトドアフェア』

 『春しか楽しめないアウトドアフェア』

 このようでも、けっこうです。
 そして、この普段着のフェアでは、
 さらに大きな効果が期待できるようになります。

 このような定期フェアによって、お客様も

 『次はどんなフェアをやるのかしら!』
 と楽しみにしてくれるようになります。
 そのような期待する声が聞こえてきたら、
 ミニコーナー&フェアにきちんとファンがついたということです。
 これはもう、ある程度の売り上げが見込めるようになったという証しです。

 そうなれば、おんの字ですよね。
 では、BGM効果を十分に活かして、
 これまで以上の売上アップを促していってください。

 ポイント
 『BGMなどのイメージアピールで、お客の買う気を促せ!』


 
 
 
 目次頁



まだ遅くない!
売上アップの秘訣は儲けた者に聞いてみろ!
【儲けの秘密!】