■ターゲティング■

 コピーを書く上で、ターゲティングはとても重要な要素です。

 コピーを書く場合は、常にアピールすべき相手を意識して、

 その相手に向けて書くことが、お客様の心に響くコピーを書く秘訣ともなります。

 また、人によるとコピーを書くことを

 「恋人に手紙を書くようなつもりで書く」

 と表現する人もいるくらいです。

 要するに、

 『相手に自分の思いを伝えるために一生懸命書け』

 ということです。


 ●初歩ターゲット想定

 前述したとおり、ターゲティングはコピーを書く上で非常に重要な条件となります。

 ですが、あまり厳密にターゲティングを行わなくても、良いコピーを書くことはできます。

 ここでお薦めするのは、まずざっくりとしたターゲット設定をする手法です。

 たとえば、スーパーの総菜コーナーなら、30・40代の主婦をターゲットとして想定します。

 そして大事なのはここからです。

 あなたが一番よく知っている30・40代の主婦を思い浮かべてください。

 できるなら、家族が一番理想的な想定イメージになります。

 ですから、結婚しているのであれば奥さんでもかまいません

 (主婦の場合は自分を想定してもかまいません)。

 そして、奥さんを思い浮かべながら書くことです。

 『こんなふうに書いたら妻はきっと買うだろうな』

 『こういう言葉を使ったら、手にとって見てくれるんじゃないかな』

 そんなふうにターゲットをイメージして書くと、

 より具体的なコピーを書くことができるようになります。

 そして、最初はそのくらいのターゲティングで十分成果につなげることができます。



 
 
   目次頁ボタン




まだ遅くない!
売上アップの秘訣は儲けた者に聞いてみろ!
【儲けの秘密!】