【USP策定のための9ポイント!】

 ここでは、USP策定のためのポイントを挙げておきます。

 @ニッチに絞る

 A特定ベネフィットを極端に伸ばす

 B新しいベネフィットを打ち出す

 C特徴を極端に際立たせる

 D新しい特徴を打ち出す

 E特徴を減らす

 F逆の特徴・ベネフィットを打ち出す

 G満たされない顧客のニーズに応える

 H顧客のニーズを創造する

 以上9項目は、特別説明することもないと思います。
 文章通りで、主に

 『ベネフィット(お客様が得だと思う点)や
  自店自社の特徴を際立たす方向でアピールせよ』

 ということです。
 ただし、
 ニッチ市場に関連しては簡単にいくつか話しておきたいと思います。
 まずニッチ市場とは、
 おおまかに言えば『メインでない市場』
 または『メインから発生したサブ市場』
 さらには『マニアの市場』などを指します。

 ですから、ニッチに絞るとは次のようなことをいいます。

 『葬儀業界』⇒細分化⇒『送迎』⇒『葬儀専門送迎サービス』

 他にも

 『コスプレ専用レンタルステージ』

 『お祭り専門旅行(ツアー)』

 など、ある職種や業界の細分化されたサービスなどに特化した市場です
 ニッチの一番の利点は大手がほぼ参入してこないという点にあり、
 先行者が逃げ切りで利益を得ることが多いということにあります。
 これは、零細企業でもニッチ市場なら
 十分な利益確保ができるということを表しています。

 ニッチは市場が小さいこともあって、
 労力や経費を細かく配分しなければならないわりには利益幅が薄いため、
 大手は割が合わないとして参入することはまずありません。
 ですが、中小零細企業はニッチ市場に二番煎じで入り込んで、
 市場シェアを広げるケースがあります。

 そのようなことを防ぐためには、
 他企業がおいそれとは参入できない『特別な市場(たとえば葬儀関連市場)』、
 または『特異な特徴(すぐには真似できない技や資格)』が
 必要な市場を狙うというのが理想的です。


 
 
目次頁

ホームボタン



まだ遅くない!
売上アップの秘訣は儲けた者に聞いてみろ!
【儲けの秘密!】