【タイトル式コンセプト作成法】

 ここで紹介する作成法は、
 これまでよりは少し手間がかかりますが、
 私としては自店自社を理解するためには、
 非常にお薦めできるやり方だと思っています。

 ですから、少し手間がかかりますが、
 その点利点も大きいというものです。
 それでは、さっそく見ていきましょう。

 まずは、
 『自店の特徴』だとか、
 『誰をどうやって喜ばせたいか』
 などのコンセプト意図の基となることを文章として書いていきます。
 そして、その文章に小見出しやタイトルを付けていきます。
 結果として、
 この小見出しやタイトルがコンセプトになるということです。

 ではやってみましょう。
 まずは、私がやはりパン屋さんだとして、
 自店の説明文などが次のようになっていたとします。

 自店説明文
 手作りの味をお届けしたいと考えている町のパン屋です。
 家族で温かな気持ちになれるふっくらとしたクロワッサン。
 思わずお子様の笑顔がはじける、
 とろりとした美味に舌踊るクリームパン。
 さらには、ほどよい甘さと食感に工夫をこらしたメロンパン。
 どれもこれも、
 皆様の笑顔を思い浮かべながら心をこめて手作りしています。
 ご家族の楽しいひとときのおともとして、
 いつも皆さんの笑顔のおそばにいさせてください。

    ↓これに小見出しをつけます。

『いつも、あなたの笑顔のそばにいます――パン工房○○』

 これでコンセプトが出来上がりました、
 という具合です。
 こんなふうに簡易コンセプト策定の仕方には幾通りもやり方はあります。
 もちろん、これまで見てきたように、この他にもコンセプトを決めるやり方はあります。

 ですが、コンセプト策定をやったことのない人には、
 このようなコンセプト簡易作成法から入ってみるのも、
 ひとつの作成手段だと思います。


 
 
目次頁

ホームボタン



まだ遅くない!
売上アップの秘訣は儲けた者に聞いてみろ!
【儲けの秘密!】