■問題解決型ターゲティング■

 販促の世界には

 『悩み解決型の商売はヒットする』

 という言葉があります。

 これは、悩みを抱えている相手に、その解決策を提示してあげれば、

 その商品が売れるのは間違いないという考え方からきています。

 たとえばこういうことです。

 若ハゲに悩んでいる男性がいたとして、

 ここにほぼ若ハゲが完治する薬が製造されたとします。

 それは専売特許で、この店でしか売ることができません。

 ですが、いまだに認知度が低い状態です。

 そこで、その事実を告知したポスターなりを、

 店頭はもちろん駅貼などをしてアピールしたとします。

 そうすると、

 当然悩みを解決したいターゲットがおおぜいやってくる、

 ということになります。

 ですが、ここでよく理解してもらいたいのは、

 ここでのターゲティングは

 『若ハゲに悩んでいる人』

 というたった一人のターゲットイメージだったということです。

 ですから、

 ターゲットイメージを一人などの小さなものに絞り込んでいくと、

 その目指す一人の悩みと同じ悩みを抱えた多くの人の心にピンポイントでアピールできて、

 結果おおぜいの人に商品が売れていくということです。


 ●悩み解決型ターゲティングの購買構図

 『自店・自社が扱う商品が解決できる悩みは何か』

     ↓

 『その悩みを抱えている人間はだれか』⇔『ターゲティング』

     ↓

 『ターゲットの抱えている問題を解決できる商品があれば、それは必ず売れる』

     ↓

 『たったひとりに喜んでもらえるコンセプト策定』

     ↓

 『同じ悩みをもった大勢のターゲットが買ってくれる』



 
 
目次頁



まだ遅くない!
売上アップの秘訣は儲けた者に聞け!
【儲けの秘密を仕入れろ!】